ストレスチェックで労働環境の改善へ

subpage1

最近になって、会社などにストレスチェックが導入されるようになった目的は、労働者の抱えているストレスに会社側が目を向け、本人にもストレスチェックの結果を伝えて、気づきをもたらし職場環境を改善していくためです。


現代では、ストレスを抱えながら労働に従事している労働者の数は増えていて、過度のストレスのために、鬱病などの精神的な病気を発症してしまう例も決してめずらしくはありません。

それを未然に防いだり、サポートをするために始まりました。労働安全衛生法の改正で「ストレスチェック制度」は多くの企業が対象になりました。

本当に役に立つストレスチェックに関しての関心度が高まっています。

ストレスチェックの項目は全部で57項目で、3つの領域にわかれています。



労働者はそれらすべての項目に答え、その合計点をあとで算出します。
労働者は職業性ストレス簡易テストから面接指導勧奨まで、受けることができます。



ストレスチェックを受けることのメリットは、本人も気づいてなかったストレスを発見できたり、ストレスの原因になっている職場環境の改善につながるということです。
さらにテスト結果によっては、ある一定に条件に該当する労働者から申し出があった場合には、専門の医師による面接指導などもおこなっていきます。


労働者が働きやすいと思える職場環境を整えることで、労働者の抱えているストレスを緩和し、働きやすい職場に改善していくことは、会社にとっても労働者にとっても大きなメリットがあると考えられています。

ストレスチェックの秘密

subpage2

労働者にどの程度ストレスがかかっており、心身に影響が及んでいるか調べる「ストレスチェック」。常時50人以上労働者がいる事業場は、必ず行う必要があります。...

next

ストレスチェックが気になる方

subpage3

ストレスチェックとは、平成26年6月に公布された「労働安全衛生法の一部を改正する法律」に基づくもので、労働者の心理的な負担の程度を把握する検査をし、その結果で面接などによる指導をして、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防ごうという趣旨から生まれた制度です。企業の労働者に対するメンタルヘルス対策を助長するとともに、労働者自身の気づきを促し、職場改善や働きやすい職場つくりを進めようということも含まれています。...

next

ストレスチェックをよく学ぶ

subpage4

知らず知らずのうちにストレスというのはかかっているもので、時々思いっきり発散しないと神経が参ってしまいます。特にやっかいなのは仕事のやっかいなのはストレスでしょう。...

next

ストレスチェックの学びたい知識

subpage5

ストレスチェックが義務化された事によって、会社勤めの方は年に一回ストレスチェックを受けることになりました。これにより肉体的な健康だけではなく、精神的にも健康なのか企業は把握することが出来るようになったのですが、精神的に不安定だと会社に思われてしまう事を恐れて、きちんとストレスチェックを受けない方が出てきています。...

next