東京の日本語学校について - 日本語学校は誰の為のものか

東京の日本語学校について

日本には日本語学校という学校があります。

日本語学校の東京の詳細はこちらで簡単に調べられます。

この学校は主に外国の方などが日本語を学ぶための学校です。


日本にある一般的な大学のほとんどでは日本語による入学試験を行っているため日本語の能力が必要となります。

その能力を身につけた上で大学受験に挑むという方が多いようです。

東京は全都道府県の中では外国人の方が訪れる機会の多い場所でもあるため、日本語の教育機関も充実しています。


日本語を学べる学校は主に2種類あります。



1つは私立大学の私立大学留学生日本語別科です。



これは大学における教育の一環として学校教育法に位置付けられた教育課程であり、大学や大学院、短大などに留学生として入学する方のために用意されています。
その履修内容としては日本語だけでなく、日本文化や日本の事情など多岐に渡っています。


もう一つは来日外国人を対象とする日本語教育を行う教育機関です。


こちらも役割や学ぶ内容に関してはよく似ていますが、専修学校であることが特徴です。

法務省の告示により定められた日本語教育機関であることを確認しておく必要があります。
外国人の方が東京に訪れてから調べるのはなかなか大変なので事前に調べておくことをお勧めします。
日本語学校に入学する場合は留学の査証で入国することが可能です。
東京は日本の政治と経済、さらには教育の中枢でもあるため、留学先として選ばれることも多いです。

それぞれの方に合った日本語学校が選択されることが重要と言えます。