中小企業こそストレスチェックを

subpage01

ストレスチェックとは、平成26年6月に公布された「労働安全衛生法の一部を改正する法律」に基づくもので、労働者の心理的な負担の程度を把握する検査をし、その結果で面接などによる指導をして、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防ごうという趣旨から生まれた制度です。企業の労働者に対するメンタルヘルス対策を助長するとともに、労働者自身の気づきを促し、職場改善や働きやすい職場つくりを進めようということも含まれています。

ストレスチェックの情報検索ができます。

法律的には、常時使用する労働者が50人以上の事業場(企業ではなく事業場であることには注意が必要です)が義務付けられており。



50人未満は努力義務とされています。

しかし、企業活動が大きく様変わりした現在、労働者にかかる労働時間の負担が多くなり、IT技術の発展などにより様々な対応が増えてきており、就業形態もどちらかと言うと個々人中心となってきている今日では、事業場の規模の大小にかかわらず、労働者のメンタル不調を心配しなければならない状況となっています。



その意味では、労働者数の少ない中小企業こそ、一人ひとりが貴重な戦力であり、一人たりとてメンタルヘルス不調者を出したくないわけであり、大きな企業以上にきめ細やかな管理が必要で、そのためには中小企業こそストレスチェック制度を導入しなければならないと言えます。幸いにして、労働者が50人未満の事業場が医師・保健師などでのストレスチェックを実施し、その後に医師による面接指導などを実施した場合に、事業主が費用の助成を受けることができますので、これを活用して実施すれは、人を大切にするという中小企業の面目躍如に繋がります。