ストレスチェック義務化

subpage01

ストレスチェックが義務化された事によって、会社勤めの方は年に一回ストレスチェックを受けることになりました。

これにより肉体的な健康だけではなく、精神的にも健康なのか企業は把握することが出来るようになったのですが、精神的に不安定だと会社に思われてしまう事を恐れて、きちんとストレスチェックを受けない方が出てきています。

ストレスチェックの相談ならココです。

会社を恐れて本音で答えないようでは、意味がありません。


しかし、安心してきちんと自分が考えている通りの答えをしても問題ありません。



ストレスチェックで高得点が出てしまい、産業医に面談しない限り、会社にはバレる仕組みではないからです。全ての結果を会社が把握してしまうとそれを元に人事異動など不利益を被るので、基本的にストレスチェックの内容は会社に伝わらないようになっています。

万が一、会社から不利益を受けた場合は組合や弁護士に相談する事で回避可能ですので、自分の精神の健康の為にもきちんと答える様にして下さい。


健康診断で良い状態でも精神的に不安定だと体を壊してしまうことにも繋がります。

ストレスが溜まりすぎるとうつ病などの病気を発症してしまうことにも繋がり、一度発症すると治りも遅い病気なので、会社を休むことになってしまい、生活が出来なくなる可能性も出てきます。



ストレスを溜めない生活を心がけて、毎年チェックを受ける事で、精神面を安定して保つことが出来ますので、必ず本心で答えるようにして下さい。