ストレスチェックで自分の現状を知る大切さ

subpage01

知らず知らずのうちにストレスというのはかかっているもので、時々思いっきり発散しないと神経が参ってしまいます。

特にやっかいなのは仕事のやっかいなのはストレスでしょう。


会社の人間関係や業績を上げなければならないプレッシャーなど、ストレスの原因となるものでいっぱいです。ストレスを感じないでいる人のほうが圧倒的に少ないことでしょう。


問題はそのストレスをどうやり過ごしたり、乗り越えたりするのかということです。

ストレスチェックに関する疑問にお答えします。

ところで、企業では定期的にストレスチェックを行うことが義務付けられましたね。



簡単な質問に答えていくだけなのでそれを時間を取ることもないのですが、やはりこういうテストは正直に書かないと意味がありません。

ストレスチェックの内容を見ていると、どう答えればどのような結果になるのかだいたい見当がつくものです。



ストレスを抱えていると思われるのが恥ずかしいとか、評価が下がってしまうのではないかと心配になる人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際にストレスからうつ病などを発症したら大変なことです。


ストレスチェックを行うことで自分自身が精神的にどのような状態にあるのか客観的に知ることができるので、自分の健康のためだと思って正直に答えることが大切です。

自分の精神状態を知ることで精神的な病気を未然に防ぐこともできるはずです。

本来はストレスに対して強い抵抗力を持つことができるように訓練していくことが大切なのですが、まずはストレスチェックで現状を知ることからスタートです。